知識・ノウハウ
新聞やビジネス文書を読む

新聞や、仕事用の英語の資料等の文章を日本語にするとき、今では、多くの無料の翻訳サービスが存在します。ウェブ上の英文やメールなら、コピーして貼付けるだけで、難しい作業や打ち込みをする手間もなく容易に翻訳された文章が出てくるようになっています。ところが、実際に利用してみると、長い資料や複雑な資料を和訳しようとする時に、全く意味の通らない文章になってしまう事が多くあります。

翻訳会社で語学スキルを持つ人材を派遣してほしいなら…。
フリーの自動翻訳サイト上手に使いこなすには、文書を何回かに分けて訳したり、翻訳が間違っている部分の英文だけを抜き出して、改めて自動翻訳にかけなくてはなりません。自分自身で和訳の確認をできるくらいの英語力は必要となってくるでしょう。

満足のいく翻訳会社を探し出すには、その業者が、現地出身の人の従業員の検査を導入しているかを確認すると良いです。
語学ができれば、ネイティブじゃない人が作業してもおおむね間違いはないと思いますが、アメリカやイギリス等の、ネイティブスピーカーがチェックしていれば、その国独特の自然な言い回しや、微妙なニュアンスの違いを正しく翻訳してくれます。これらの技術は、長年その国で暮らしている人でないと簡単に手に入る物ではありません。ビジネス利用等、ちょっと意味が解るだけでは困るな場合は、資格を持っていたり、英哀話が得意日本人だけの翻訳家よりも、英語を母国語とする人が監修している翻訳会社を選べば、満足のいく日本語訳をしてもらえる確率が高まります。

About the author

Related Post