知識・ノウハウ
他国の言語を読む

大半を占める英語以外の言葉では、変わった形のアルファベットや、解読できない文字がたくさんあります。その国に関する専門職でない限り、そのような言語を日常で必要に迫られて和訳するという事はあまりないかもしれませんが、不思議な文字を含む文書が、インターネット上にある物であれば、無償の他言語翻訳サイトにコピペして、言葉の意味を知ってみると面白いです。変わった形のアルファベットは、キーボードで打ち込む事ができなかったり、読み方が解らないので、検索する事が不可能ですが、面白いと思う国の言語で書かれたウェブサイト等を遊びで翻訳していくと、語学に対する新たな世界が広がって、新しい楽しみ方ができます。

それを機に、英語以外の見た事のない言語を学んでみるのも良いのではないでしょうか。

翻訳ソフトには、無料の物から有料の物まで様々な種類がありますが、物によっては高額のお金を払っても、それほど翻訳機能に期待はできないようです。英語を日本語に翻訳するとき、一種類の英語に対する日本語訳は限られています。
金額によって差はあるものの、どの翻訳ソフトも、ひとつの言葉に対しては似たような言葉が入っています。文章の質を形作るのは、全体を認識して、その内容に応じた最適な言葉を選んだり、自然な文脈を使う事にあります。翻訳ソフトごとに、翻訳のルールがインプットされていて、ある程度の文脈に合ったフレーズの選択はできるようになっていますが、人間の翻訳作業に比べると、かなり自動翻訳ソフトの和訳には改善点があります。

日本語を英訳するには一通りではありません。さまざまなシチュエーションによっても英語の表現を変えていかなくてはなりません。それは、シーンによって翻訳をする業者を選ぶことで解決します。固い文章が得意な業者やフランクな文章が得意な業者までさまざまなものがありますから、用途に合わせて選ぶことによって、シーンにあった英文の翻訳をすることができるでしょう。きちんとした翻訳をしたいのであれば業者に依頼することが一番ですし、信頼の得られる英訳ができます。

About the author

Related Post