クラウドサービス
クラウドのストレージサービスについて

インターネットを用いるクラウドサービスの1つに、ストレージサービスがあります。ストレージは、データを保管できる倉庫のようなサービスになります。

そもそも会社では、パソコンなどを用いていろいろなデータで作業をしているものです。ところが処理に伴い、色々なファイルが作成されてしまいます。そして企業側のパソコンの容量は限られています。仮にそのデータの総量を、1,000GBだとします。
そして会社で多くのパソコンを用いた結果、データの蓄積トータル量が900GBになったものとします。という事は、あと100GBで限界に達してしまう訳です。その事態では、企業としてはデータを保管する事ができません。

その場合、クラウドサービスのストレージを用いる事になるケースが多いです。ストレージは前述のように保管ができるサービスですので、上記の900GBのデータを全て蓄積する事もできます。
その結果企業のデータ保管のサービスが圧迫されることはありませんので、かなり余裕をもってデータを処理する事ができるのです。ですがストレージというサービスを用いないと、情報の限界に達してしまいますので、色々と不自由してしまう場面も多い訳です。そのような理由から、ストレージというクラウドサービスを用いている傾向があるのです。

しかしストレージというサービスには、データの保存する期間というものがあります。ストレージによっては、データの保管期間を最長一年としているケースもあります。
その逆に保管期間は無制限になっているストレージなどもあります。ですのでデータを長期間保管したいと思っている企業などは、保管期間に制限のないサービスを利用している傾向があります。それより保管期間が長くなれば、料金なども高額になってくる風潮があるのです。また企業によっては、その費用を節約したいと思っている事もあります。ですので複数の企業では、ストレージを費用対効果で選別している事例が多いです。

About the author

Related Post