沢山の会社は警備対策として入室退室管理を取り入れています。入退室を管理することにより、不審者などの部外者の侵入を防止することが出来ます。一般的にはIDなどを入室の許可を与えた人に交付する方法が多いです。けれども、銀行やクレジットカード会社や、より高度な個人情報を保管する場合には顔認証や静脈認証を用いた安全性の高い入退室管理を実施します。入退室管理システムの種類に関しては、扱う情報に応じて、選ぶべきです。

高度な認証システムは導入や維持管理費用もある程度は必要になりますので、導入の目的に応じて適切に判断をしてください。同業他社の管理方法や、過去の事例などを材料に判断すると良いでしょう。

情報漏洩の中でも最も気をつけて欲しいのがプライバシー情報になります。個人情報は、個人を特定する氏名や住所、性別、年齢が挙げられます。これらだけでも十分に売り買いされる大切な情報ですが、最も大切なのが、カード情報や口座情報です。

これらが漏洩した場合には、金銭被害に陥ってしまう可能性が大変高いです。また、流出が発覚した場合には一早く全員に連絡し、クレジットカード等の利用停止などの対応をしなければとても危険です。また、個人がどの様な買物をしたのか等のレシートの様な情報でも、個人情報となります。これによりその人の購買嗜好が分かるため、営業やダイレクトメール会社に高額で販売されてしまうことがあります。

About the author

Related Post