無関係な人間の進入を防止する事が、入室退室管理のシステムを設置すれば出来ます。どんなに外部からの不正アクセスに対しセキュリティ対策を実施していても、内部から簡単に突破できては対策をしている意味がなくなってしまいます。入退室管理の種類は多種多様また、様々なメーカーにより提供されていますが、その価格も様々です。一般的に必要なコストに応じてより高いセキュリティー効果を得ることが可能になります。指紋認証や網膜の認証などはとても高額の導入・維持管理料金が発生しますが、実施をしておけばとても高いセキュリティ性が実現します。

対策すべき情報のレベルに応じて重要度を考慮した上で、最善の効果のある管理システムの設置をされることを奨めます。

情報の流出が起こると流出した人に損害が発生することになります。自分の名前や住所を悪用されてしまうなどの被害がおこる場合も有ります。また、クレジットカード情報などの個人情報の中で特に扱いに注意しなければならない情報が漏洩した場合の被害は計り知れません。

こうした被害に対して、会社側は常にその損害賠償の責任を負うことになります。そのため、セキュリティー対策を徹底するという事は、その会社の存続を左右することもあります。過去に、個人情報の漏洩により、その人の名誉を毀損したためその責任を負ったという事例もあります。個人情報にはその人のプライバシーに関わる情報も含まれている事が多い為、一切外部に漏れないような仕組みと社内の意識向上に努めなければなりません。

About the author

Related Post