不審者の進入を防止するために入退室管理システムは導入されています。一方、入退室を管理するシステムは、勤怠の管理機能もある場合が多いです。会社へ入退室する際に通るシステムで勤怠管理ができる為、社員はタイムカードなどを押す手間がなくなります。一方、タイムカードのような遅刻しそうになったら他の従業員が代わりに刻時するなどの不正行為を防ぐことも可能になります。勤怠の管理を人事部等の方が確認する作業もシステムが代わりにします。

その為、作業負荷の縮小もできます。勤怠の情報は入退室管理システムの中で保管されるため、タイムカードを紛失する等のトラブルも解決することが出来ます。

個人情報漏洩を起こした場合、その責任を追及されることがあります。また、流出によって発生してしまった全ての損害に対し責任追及をされる事となってしまいます。漏洩を引き起こした犯人の特定ができている時には、その人に責任追及することとなります。

しかし、管理体制に不足が認められた場合には、その会社に対しても賠償請求などの責任が問われる事が有ります。例え、従業員や委託先等による漏洩事件であった場合も、流出した企業は責任を常に問われるという一般傾向となります。判例でも、企業が責任を免れるというケースはあまりありません。実際に、漏洩した際の損害を考えると漏洩に対する徹底した対策が必要になります。

About the author

Related Post