FAXなどの電子機器は、単品購入であれば、問い合わせから注文、配送まで短期間でできるはずです。問い合わせた時に納期の期日と個数を言っておけば、その場で見積もりが出て、支払い後に納品がされます。ウェブショップなら、24時間対応で見積もりを出せるところもあるので、製品の購入を考えてから納品までの全てがすごくスムーズです。用途にあった製品をオーダーで注文する場合は、問い合わせをしたあとに、機器の打ち合わせをして、その製品によって期日を設定するので、比較的長い時間を要すると思います。

希望する精度によって、納期は大きく変わりますので、打ち合わせで忘れずに確認しておきましょう。

企業用のコピー機の支払いは、リースで払う人が多いみたいです。リースで支払いをすれば、初期費用を抑えられるので、まとまったお金を用意しなくてもすぐに複合機を発注できる利点があります。

逆に、総額の支払額が高くついてしまうという問題点があります。FAXの使い方によって機械の種類を選んだり、一括払いにする等して無駄な費用のかからないようにじっくりと検討する事が非常に大切です。月々の使用枚数が少ないのに、枚数が多い仕様の機械を使っていたり、FAXやプリンタを利用する事が全然ないのに、多機能複合機を使用しているなら、機械を安いものに切り替えて、現金払いにすると大幅な経費の削減ができると思います。

About the author

Related Post