今や生活の必需品とも言えるネットですが、インターネットはWi-Fiを利用することによって、いつでもどこからでも自由に扱えるものとなります。Wi-FiとはWirelessFidelityの略で無線のLANの規格の一つです。このWi-Fiがあることによって異なる製品の間でも共通し無線通信ができるようになりました。

無線の接続方法として他にBluetoothなどの人気がありますが、Wi-Fiのほうが高速通信は可能なため、ネット接続する際にはこちらのほうが多く使われます。

Wi-Fiがあることで、自宅などにあるパソコンやタブレット、スマホなどを無線でインターネットに接続することができますし、プリンタや外付けのハードディスクなどを無線でパソコンとリンクさせて使用することもできます。これらを無線にして、場所を構わずに利用することができますし、プリンタなどを複数のパソコンで共用することが容易にできるわけです。

また、現在では家の中だけではなく、公共の施設や屋外などの多くの場所でWi-Fiを利用できるところが増えてきています。こういった場所はWi-FiスポットやフリーWi-Fiなどと呼ばれ、いつでもどこでも気軽にインターネットにアクセスできますから、それを目当てにいく人もいます。

また、ファストフード店やコンビニ、ファミレスなどでWi-Fiスポットをおいているところもあり、場所などによってはそこでしか手に入らないゲーム上のアイテムなどがあったりもします。最近のゲーム機はWi-Fi接続をすることが可能ですから、子供がそれらの特典を利用したりするわけです。また、外で使えるWi-Fiスポットは誰もが使用できるものではありません。誰もが無料で使用できるWi-Fiスポットもありますが、特定のインターネット事業者や携帯会社と契約していなければ必然的に使用不可なWi-Fiスポットもあります。

地方の場合、Wi-Fiスポット自体がない場合もあるかもしれません。そういう場合でも外でWi-Fiを使いたいのならポケットWi-Fiと呼ばれる小型のルーターを用いることで、常時Wi-Fiを使うことが可能となります。しかし、ポケットWi-Fiを使う場合ネット会社との契約をすることも必要ですので、注意しましょう。

About the author

Related Post