通信技術が発達している現在は、通信が発達したおかげで多くの企業がインターネットのシステムを使っています。離れた場所から近い場所へ、また同じ建物でも通信を利用したインターネットのシステムで情報のやり取りなどをしています。このように便利になったので企業などは作業効率がよくなりました。遠くの支店の在庫状況などや会計情報など瞬時に把握することが可能ですし、決算などになると自分の会社の資産の状況などすぐわかりますので、この通信はすごく便利な物です。数十年くらい前までは、インターネットのシステムを利用したものはちょっとだけでしたし、容量も小さなものでした。

しかしこの何年かで爆発的に通信速度も上がり、時間と場所を問わず通信を使えるので、大幅な作業ができるようになりました。うれしさとは逆にやはり怖いのはセキュリティの面です。近頃話題になりました、年金のセキュリティの貧弱さです。企業はセキュリティがしっかりしていないと情報などが漏れたり盗まれたり、改ざんされたりして企業としての管理能力が問われています。ですが国がこのように低堕落していますので、企業はそれ以上にしっかりしなければ倒産してしまいます。

通信はどこでも誰でもできると言うことは、しっかりしなければ悪意をもつ人間にいいようにされてしまうわけです。個人情報などが漏れてしまえば莫大な損失や補償、また企業の秘密などが漏れてしまい、その損失は計り知れません。ですから企業はインターネットのシステムを社内で利用するに当たり、ちゃんとした対策とセキュリティを万全にしないと危険なことになるわけです。技術もいつも進化しておりますので、安心して対策していればいいでしょう。

About the author

Related Post