生活になくてはならなくなってきていて、インターネットがこれだけあふれている時代、もちろんその使い方や、手段、アプローチも非常に容易になっています。くわえて携帯電話、スマートフォン、パソコンだけではなく、ほとんどのものがインターネットに接続することが特徴です。一昔前はまさかテレビや電話、音楽再生機器、さらに家電、自動車がインターネットへと接続する時代が来るとは考えられませんでした。

将来ネットのIPアドレスが世界で尽きることで、新しいプロトコルを開発して対応していこうというところまで来ているわけです。

いわゆる、全世界で社会課題にまでとらえられているわけです。特に最近はIOTという世界、即ちすべてのツールがインターネットにつながって便利な世界を構築していくというコンセプトが主流になっています。

では実際に個人がインターネットに接続する作業を考えてみましょう。

一言でいうと今は有線から無線が主流になり、さらには自動接続が当たり前になったことにより、子供だとしても簡単にインターネットに接続できるようになったと見込めるのではないでしょうか。ちょっと前までは、パソコンを購入して光回線を契約、プロバイダー契約したうえで有線にてインターネットの設定、接続をすることはかなり煩雑で難しいものでした。現在はこうした自宅のパソコンのインターネット接続も無線で簡単に接続可能であることが主です。

About the author

Related Post