スーパーや飲食店などで料金を支払う際、従業員はレジで売上登録をします。このレジにはPOSとレジが存在します。一件似たように見える端末ですが、大きな違いがあります。基本レジは単一の機械で低価格で購入可能です。一方POSは電子機器で高価格です。

後者の時は、レジのようにテンキーで金額を直接入力をしなくてもアイテムが売れるごとにその販売情報を記録して集計結果を在庫管理や人気商品のリサーチに使う事ができる端末のことです。詳しいデータ管理ができるほか、複数の店舗の売上を確認したり、どういった客層がどんな商品を選択したのか即集計する事ができるのです。そのうえ従業員も小型端末を一緒に使えば受注ミスを軽減できるようになるでしょう。

ビジネスをより良く運営するために一番重要なのは利益をつくることです。利潤はサービスや商品開発などの価値を生み出す事で作ってゆけるのですがもっと重要な事があります。

会社の経費を抑えることです。毎日使うコピーやプリントにいらないものはないでしょうか?出力するものをより少なくする方法はないのでしょうか?電話代をもっと減らす事はできませんか?現在お金をかけている色々なシステムは本当にいるのでしょうか?思えばきりなくどんどん出てくるでしょう。あなたが良いと思っている事も、冷静にみれば問題点がある場合もあります。仕事の中のムダや効率的でない事を減らせば、作り出した利益が減少するスピードを遅くすることができます。

このようにあらゆるものをシステム化してみることで、集計にかかる人件費などを削減することができます。小売店は棚卸といって、商品の個数を数える作業もありますが、このようなシステムを導入することによって、個数の正誤を瞬時に判断することができます。POSシステムは今や小売店や飲食業でなくてはならない存在になっています。発注の作業も天候や売れ筋によって勝手に行ってくれるものもありますから、人件費が大幅に削減できます。

About the author

Related Post