専門職や医療関係の仕事の人や学生は、英語で書かれた論文を読む場面が、結構あるようです。新しい論文は特に、和訳されているものを探し出すのはかなり困難で、外国人の書いたの論文を自力で和訳する事、その作業が語学力を同時に身につけるという意味で、研究の一環となっているそうです。専門用語がたくさん出てくる文書ですから、専門職の人や、学生の人は、毎度、たくさんの論文の和訳に本当に苦戦していると言います。

難しい言葉が多く、枚数も多い論文の翻訳は、もしも、翻訳業者に翻訳してもらうと、20万以上もするそうです。研究には、専門知識だけでなく、自分で文書を和訳できる程度の語学力が必要不可欠だという事を実感します。

翻訳会社を決める時は、費用だけでなく、お願いする文面の内容によって翻訳会社を選びましょう。

英会話のできるバイリンガルやネイティブスピーカーのチェックがあっても専門知識がないと解りやすい文章が書けません。ビジネス利用の文書なら、ただ意味があっていれば良いというだけでなく、さらに引きつけるフレーズに翻訳する為にも、その分野に特化した、知識の豊富な会社に依頼する事が大切です。

仕事で使うなら、絶対にビジネス専門の会社を選び、その中でも更に、専門的な分野に特化しているか確認しましょう。

英語力や会話力が高いからといって、文章にする優れているとも限りませんので、試しに短い文章を仕上げてもらって検討するのも良いかもしれません。翻訳ソフトには、フリーの物から有償の物まで様々な種類が存在しますが、物によっては高い料金を払っても、それほど文章力に期待はできないようです。英語から日本語に訳すとき、ひとつの単語に対する日本語訳は限られています。

About the author

Related Post