質屋の営業は、客から品物を預かり、その対価を借りる事が出来る仕組みです。預ける商品によって借りる金額が変わるので、借りたい人は高価なものを持ち込む場合が多いです。この預かった商品を大切に保管している間、利息が掛かり、この利息が収入となります。
質預けの期間は3か月となっていますが、利息を支払う事によってこの期間を延長することが出来ます。質屋では、買取と預けを選べるところがありますが、質屋の資格だけでは買取をすることは出来ません。
買取をする場合には古物商の免許を取得する必要があります。

質屋を開業する際には、質屋営業法に基づいて許可を受ける必要があります。

この許可を受けることが出来ない人がいます。
・禁固刑以上の刑を受け、執行完了後3年を経過していない者
・許可申請前に無許可営業をした経験が、三年以内にあるもの
・浮浪者
・未成年者
・破産者
・同居の親族で、上記の内容にあてはまる人

この質屋営業許可を取る際に、申請を本人がする場合がありますが、ほとんどの場合は行政書士に依頼をします。申請許可がおりる基準の一つである、蔵を所持してお客様からの預かり物を保管する申請が非常に厳しいからです。
保管場所他は、盗難防止や防湿管理、火災報知器、防ネズミ管理などが必要になります。
本人でも出来ない事はありませんが、労力と時間を考えると専門家の力を借りた方がスムーズに事が進みますので、依頼をすることをお奨めします。

About the author

Related Post