質屋に持ち込まれる商品は常に完璧な商品では無いので目を凝らしておく必要があります。中にはコピー商品も存在します。こういった場面になってしまったら、質屋では偽物ですね。と言うことは出来ません。質屋はコピー商品が持ち込まれた場合は値段がつけられないと言う言い方をします。しかし、せっかく持ち込んだ商品に値段がつけれないと言われると、持ち込んだ側も面白くないのが実際の所です。

また、質屋を運営するにあたってこちらの方が可能性が高いと言われている盗品です。商品自体はしっかりとしたものですね、問題はありませんが、後でわかると警察に提出をしなければいけません。その時、仕入れた金額は戻ってこないので損をすることになります。その為、商品の目利きも必要ですが、持ち込む人の目利きも必要なのです。これは買取ビジネスをしていると、どうしてもかかわってくる問題です。

偽物ブランドや盗品の持ち込み等、色々と頭の痛い問題があります。この偽ブランドの持ち込みを見抜くことが出来ない質屋の人たちは、最近、金やプラチナの買取に移動をしています。金は、どんなに古くても中古にはなりませんし、偽物を作ることが出来ません。
また、長い間売れなくともブランド品のように流行が無いので安心です。日本で景気が悪くなろうとも、金の価値はどこかの国では高騰をしていますので、少しのリスクを負うことなく購入をすることが出来るのです。

About the author

Related Post