フランチャイズで買取屋や質屋を始めようと思った時にどのくらいに費用が掛かるのかをご紹介します。

概ね最初の資金としては1600~2200万円かかります。
<内訳>
・研修費を含めた加盟金・・・400万円
・数か月の運転資金・・・400~700万円
・チケット在庫・・・100万円
・備品や最初の広告費用・・・100万円
・管理用のソフト・・・100万円
・防犯カメラ等・・・100万円
・内装費…100万円
・外装・・・350~650万
このほかに、不動産に掛かる費用が掛かります。質屋と買取を始めるには買取屋の方が低資金で始めることが出来ます。質屋をするには蔵が必要で、無い場合には建設をする必要はあります。
ですので、最初は買取屋をして運転が軌道に乗ってきたら、質屋も始める方がやりやすいでしょう。

買取ビジネスは、不況に強いと言われています。このビジネスの発端は鎌倉時代から始まった歴史のある仕事です。金属やブランド品を預かる代わりに現金を貸し出し、利息を貰います。その為、常にお客さんが回ってさえいれば利益が出ると言われています。低リスクで始めることが出来るところが強みです。
最近では、不況の為、必要のない物を売る傾向があり、新品を購入するよりも安価で良いものを購入する傾向になって居て、プラチナと言った金属も良く売れています。
このように不況にも強いビジネスですので、どの時代にもマッチをしていく仕事だと言えますね。

About the author

Related Post