最近ではペットと一緒に海外旅行を楽しむという人が多くなっています。 2004年に狂犬病対策の為に検疫の決まりが大きく変化をしました。
大きく変化をした点は、出国をする時に手続きが厳しくなったことです。 出国から帰国までの流れについて紹介をします。

1、まず、個体識別をする為に棒物病院でマイクロチップの埋め込みをします。そのあとに1回目の狂犬病の予防接種をします。

2、一回目の予防接種から30日から1年の間の中で2回目の狂犬病の予防接種をします。

3、採血をして検査

4、帰国予定の40日前までに、検疫所に輸入検査申請書を提出します。

5、出国当日に検疫所で健康診断をしてペットのパスポートを受理してから出国。

このように、日本から出国をする時に手続きや予防接種が必要になってきますが、現地から日本に帰国する時も色々な手続きが必要になってきます。 特に狂犬病が発生している国に関しては規制も厳しくなっているので、各国の決まりを事前に調べておくといいと思います。
旅行の計画の中にも、こうしたペットの帰国の準備の時間を入れておかなければいけません。 十分に滞在をする時間があれば、準備に時間をかけることはありませんが、滞在時間が短い場合はバタバタしてしまうかもしれません。

現地でのバタバタを防ぐ為には、日本での準備が重要になってきます。 楽しい海外旅行にする為にも、色々なことを事前に下調べをしてトラブルになったりすることがないようにしてほしいと思います。

自分の都合に合わせて支払方法が選べる所も、サプリメントの通信販売の魅力ですよね。

About the author

Related Post