海外旅行にはペットも連れて行きたいと思っている人も少なくはありません。 ペットは家族同然で、旅行に行く時はみんな一緒。
しかし、現実的なことになると手続きはもちろんのこと現地での生活も難しいです。 ペットと一緒に海外旅行に行くと決めた時には、情報収集も必要です。
例えば、日本から海外へ出国をする際には狂犬病などの検疫があります。 これは、予防接種の他に事前に接種しなければいけない注射もあります。
細かいことに関しては、農林水産省のホームページに乗っているので、確認をする必要があると思います。 このホームページは日本に出国をするときの決まりです。 なので、旅行をする国によって基準が違ってくるので、事前に調べておかなければいけません。

無事に検疫をクリアしても、飛行機の中や現地での過ごし方をどうするのかという問題も発生してきます。 長時間のフライトも大丈夫なのかという不安も出てくると思います。
他にも、飛行機に乗るは他の人もいるので迷惑をかけないかということも重要です。
一番大変なことは宿泊先です。 ペットと一緒に宿泊をする施設というのは実際に少なくなっています。
特にツアーの場合は、ペット同伴はお断りされます。 こういったことも踏まえて旅行計画を進めなければいけません。

国によって、ペットに関する決まりが違っているので調べることはたくさんです。
このようにペットと同伴で旅行に行く際には、ペット中心の計画になってくることを忘れないようにしてほしいと思います。

About the author

Related Post