英語ではない言語では、特徴のあるアルファベットや、絵のような文字が多くあります。その国に関する仕事でなければ、そのような言語を日常で必要に迫られて日本語訳するという事はあまりないかもしれませんが、見た事のない文字を含む文書が、ホームページ上にある物であれば、無償の他言語翻訳サイトにコピペして、なんと言う意味なのか調べてみると面白いです。変わった形のアルファベットは、キーボードで打ち込む事ができなかったり、読み方が解らないので、検索する事が困難ですが、面白いと思う国のアルファベッで書かれたサイト等を趣味で日本語に変換していくと、語学に対する新たな視野が広がって、新しい楽しみ方ができます。

それを機に、英語以外の珍しい言葉を学んでみるのも良いのではないでしょうか。

翻訳ソフトには、フリーの物から有償の物まで多くの種類が存在しますが、商品によっては高い料金を使っても、あまりその機能に期待はできないようです。英語から日本語に訳すとき、ひとつの英語に対する和訳は限定されています。

価格によって違いはあるものの、どの翻訳ソフトも、ひとつの単語に対しては似たような言葉が入っています。

翻訳の質を決めるのは、全体を認識して、その内容に応じた最適な言葉を選んだり、自然な言い回しを使用する事にあります。翻訳ソフトごとに、翻訳のルールがインプットされていて、一定の文脈に合ったフレーズの選択はできるようになっていますが、人間の翻訳家に比べると、明らかに自動翻訳ソフトの和訳には問題があるみたいです。

和訳の金額は、平均的に一文字あたりいくらという文字数に応じた値段設定になっています。金額設定は、それぞれの翻訳者によって大きく違いますが、普通は料金に応じて翻訳のレベルが変わってきます。

About the author

Related Post