日本語と英語、その他のいくつかの言語で言語を切り替えられる機能がない場合は、ホームページのアドレスをコピペすれば和訳してくれる機能を利用すると、まるごと日本語に翻訳されたホームページを見るように閲覧できる無料翻訳サイトがあるのを聞いた事があります。情報量にもよりますが、だいたい簡単に日本語訳されたページを閲覧する事ができます。機械ですので、言葉が硬い感じがしたり、元のホームページのイメージと多少違う雰囲気になったりしますが、最低限の情報を確認するのには十分に活用できると思います。

語学が堪能な人は、クラウド式の翻訳者仲介サイトで、翻訳力のテストに受かればば、誰でも翻訳者として登録ができます。翻訳者になれば、自分の得意な仕事を暇な時間にする事ができますし、オーダーする人にとっても、いろいろな国の大勢のフリーの翻訳者から、案件の希望に合った価格やクオリティの翻訳者を選定する事ができるので、大変便利です。

自分の気に入った翻訳者を、二回目以降も指名する事ができるようで、継続的に同じ翻訳者に仕事を依頼する事もできるようです。翻訳家の仕事をしたい、バイリンガルや海外育ちの人は、事務所に所属するよりも、オンラインで簡単に仕事できるクラウド式の翻訳サイトに登録して、個人ででの仕事から始めてみはいかがでしょうか?クオリティの高い翻訳業者を探し出すには、その会社が、現地出身の人の従業員の監修を取り入れているかを調べると良いです。

About the author

Related Post