知識・ノウハウ
設立や開業についての情報はこちら

人々は、開業か法人設立のどちらにすべきか悩んでいる事があります。それぞれ色々とメリットがあるのですが、まず後者の設立の場合は税金面に関するメリットがあるのです。会社として設立をする時には、所得税や法人税などの税率は原則として22%以内に収まります。ただし状況によっては、22%以上になる事もあります。それでも最大30%までに収まります。ところが開業手続きの場合は、税金は37%などに設定される事があります。したがって会社として設立する方が、税金面では有利です。

法人設立でお困りなら以下のサイトから立ち上げることができます。また新規事業に伴うコンサルティングサービスもありますのでご覧下さい。

手続きの多い株式会社設立には是非お手伝いさせて下さい!

それと決算期に関する違いもあります。開業をするとなると、1月から12月まで毎月決算をする必要があるのです。ところが会社を設立した時には、その決算期などを自由に設定する事ができます。つまり設立をする方が、決算の回数が少なめになる訳です。

これで安心!NPO法人設立の方法

それと経費に関する問題があります。基本的には会社を設立する方が、多くの物が経費として認められる傾向があるのです。そして経費の対象となるものが多い方が、税金の節約ができるケースも多いです。
ところが開業の場合は、経費の対象となるものが比較的少なめになります。ですので節税という意味では、会社を設立する方が有利になります。このような税金面などを考えれば、会社設立の方がメリットが大きいように見えます。しかし手続きの段階数や手間は、開業手続きの方が少なめです。改行手続きの場合は、必要な書面などはそれほど多くありません。所定の書面を税務署に提出すれば、それで完了になります。

ところが法人の設立となると、様々な事柄を調査したり、社則を作成しなければならない事がほとんどです。手続きがやや複雑で、時間がかかる事も多いです。ですので開業の方が、法人の設立に比べると手間は少なくなっている訳です。

◆PR◆
一般社団法人設立をご検討中の方へ。こちらのサイトが安くて早いと噂です。
一般社団法人設立に関するお悩みなんでもご相談ください

つまり開業と法人設立のどちらの方がメリットが大きいかは、断言するのが難しい一面があります。しかし税理士の方々は、そのどちらの方が好ましいかをアドバイスしてくれる事もあるのです。ですのでどちらを選ぶのかを迷った時には、税理士に相談をするのも一法という事になります。

About the author

Related Post