知識・ノウハウ
開業をお考えの方をお手伝いする会社です

法人として開業する際にしんどいのが会社設立の手続きです。会社を設立する場合は準備から始め定款を作ったり認証手続き、登記書類の作成、会社設立登記、開業の申請などいろんな準備が必要です。本業ばかりだと時間を持てなくてできないこともあります。仮に時間があっても法人を設立するための知識を学ばないといけないです。初めに会社設立するときに必要になるのみで、あとはあまり要らない知識です。

東京駅開業100周年記念Suica騒動まとめ – NAVER まとめ

そんなときは専門家に会社設立の手続きを一任された方が、ご自身で知識を得る時間も手間も必要ないです。

会社設立の専門業務は司法書士、行政書士、税理士と言ったいくつかの士業です。士業によって可能な範囲が違いますので、どの士業にお任せするのか選択が大切です。

知っておきたい!NPO法人設立のこと

司法書士は登記の専門職ですので、登記書類の作成や設立登記申請の代理を行っています。行政書士や税理士といった士業は設立登記申請の代理をすることは出来ないです。会社設立の手続きは全部お任せしたいと言うときに向いています。行政書士は書類を作るプロですので、定款を作ることを行っています。

定款の作成をやってくれれば、後々必要になる登記書類の作成や会社設立登記は自分でやって費用を節約したいと言う場合に向いています。税理士は税務の専門家ですので、会社設立後の税務の届出も代理で行ってくれます。融資面のアドバイスやサポートにも強いです。会社設立後は個人事業主のままより税務が大事になりますが、変わりなく顧問税理士として契約されると税務の面でもお任せをすることが出来ます。会社設立と顧問税理士と一緒にお願いすることで料金が大幅に安くなる場合が多いです。
顧問税理士がまだ決まっていないのであれば向いています。

士業の事務所の中には司法書士や行政書士、税理士などの各専門家で連携してワンストップでサービスを利用できるようにしているところもあります。会社設立に必要な様々な手順をお任せできるので楽ですが、それだけ料金は掛かってしまいます。電子定款を受け入れている会社だと収入印紙代の40,000円がタダになって有利です。前もって受け入れているかどうかサイトで見るといいです。

About the author

Related Post