知識・ノウハウ
NPOを開業するのに必要なことは

開業方法にはいろいろな選択肢がありますが、一例としてNPOが挙げられます。そのタイプの法人である場合は、基本的には利益を追求しない形になります。非営利という表現が使われる事もあるのです。そうしたタイプの法人にするメリットは色々あるのですが、例えば開業の資金のメリットがあります。そもそも独立開業をするとなれば、資本金が要ります。それも少なく無い金額が必要になる事も多々あります。

開業届け時期と経費申請について – 起業 | 教えて!goo

ところがNPOとしての企業ですと、資本金は無しでも問題ありません。

そしてNPOではなく一般的な株式会社などでは、様々な印紙代などの費用がかさみます。それは数万円程度になるのですが、NPOの場合はそれも無しになるのです。つまり開業資金を抑えられる良い点がある訳です。また税金に関するメリットもあります。

元来株式会社などでの起業を行うとなると、色々な税金支払いが必要になります。ところがNPOの場合は、税金に関していえばかなりすくなくできる事が多いです。

くわえて人によっては、会社の経営において節税を希望しています。そのような場合には、NPOとして起業するのもやり方のひとつです。また会社を経営するとなれば、多種多様な経費がかかります。それは上記の節税にも大きく関わってくるのですが、株式会社などの場合は経費として認められるものが少なめなのです。それだけいっぱいの納税額が発生する事になります。ところがNPOですと、経費として認められるものが非常に多いです。
つまり節税対策がとてもたてやすいため、しばしば人々はNPOという形で起業をしている訳です。

また、NPOという形態は、社会的に見て受け入れやすくとられる傾向があります。基本的に非営利団体であるため、社会的には良いイメージを持たれているケースも多いです。と言う理由でイメージを重視している方々などは、株式会社などではなくNPOとして開業している事も多々あります。このようにNPOという形で起業するのは、いろいろなメリットがある訳です。総じてコスト面や信用に関わるメリットがたくさんあります。

About the author

Related Post