ソフトウェア
ソフトウェアをシステム管理に利用し、安全な運用を。

従業員が数十人規模の会社では、1人1台のデスクトップPC端末があり、その端末を利用して普段のスケジュールを作成するグループウェアが導入されています。割合シェア率は高いらしく、とりわけ最新バージョンであればクラウド型となっていて外出先からもそのスケジュールにアクセスすることができます。従来の社内LAN以上の、進歩したシステムの使い道になりました。

当該システム管理は、情報システム部という名前の全社員のPC管理部門です。3人程の少人数の部門でありますが、本支店で利用するすべてのコンピュータの管理に責任を持っています。
そもそも営利部門ではない点で3人もいれば十分であり、それ以上に増えることができないと考えられています。

どんなお客様が多いの?POSシステムでラクラク解決

この部署を通しての、スケジュール管理グループウェアの導入、ビジネスソフトウェアの採り込み、運用の安定化を図っています。また、デスクトップPCのケーブル類の整理もしています。年に1回ぐらいは、タイル状になっているフロアの床を取り外して、ケーブルのつなぎ直しをしています。
導入している場は一般的なビジネスソフトのマイクロソフト製品で、おなじみのものとして、エクセルが準備済みです。それらのうち、エクセルをほとんど使わない人がいる一方、エクセルの利用頻度が多い人がいます。仕事に応じた資料の制作となり、とくに担当者がプレゼンへの使用を推進しているかどうかにつきます。

購買管理を徹底し不正購買をけん制、システムを可視化し内部統制を強化!

PCについての操作性は、どれほど勉強してもどこかわからなくなる事があって、ときどきどうすれば元の状態に戻せるのだろうかとか、ごみ箱のアイコンがデスクトップから消えてしまったからどうしよう、といったささいなトラブルに出会います。
ウィンドウズの操作に関しても、ときにわからない点が出てきます。情報システム部に尋ねて答えがすぐさま返ってくるのが最善ですが、何分こうした細かな使用方法に関して尋ねる人はほぼいません。年齢的にも言いにくいかもしれません。より情報システム部が社内で便利なソフトウェアを使うようにし、安全なシステム管理をするようになればいいと考えます。

About the author

Related Post