求人
いろんな求人

音楽業界の求人と仕事に就くための方法について

好きなことを仕事にしたいと思いますか。音楽が大好きで、願わくは音楽関係の仕事に就きたいと思っている人も多くいます。

しかし実際に求人広告を見ても、音楽関係の作業の求人と言うのはあまり目にしません。音楽業界では広告を出して求人募集をするやり方をとるのではなく、企業に勤務して音楽関係の部署に配属になったり、紹介で仕事を紹介されたりということが多数です。

ミュージシャンとして有名な人がいる中、その人やユニットの為にワーキングする音楽業界の人数は全く分かりません。

プロダクションの担当者といった方や音楽プロデューサー、音響関係など数百人の人の手を借りて、デビューにこぎ着けるのです。同じプロのミュージシャンでも表舞台には立たず、バックの演奏専業でレコーディングに参加するための人も大勢います。コンサートを開くとなれば、PAや機材、照明から映像関係にわたって、膨大な種類の仕事があります。

音楽業界の仕事に就くには、営業的な仕事はプロダクションやCD販売会社の求人に応募することで正社員として採用され、関係部署に配属されることになります。音楽のサウンドエンジニアに関する求人は、専門学校を通じて行われるのが殆どです。

言うまでもなく音響機器に関する知識やIT技術に関しても高いスキルが必要とされます。その他にプロデューサーやミュージシャンとして活動をするには、音楽業界で有名人になる必要があるのです。どれほど多くのミュージシャンを手掛けたか、どれだけヒット曲があるかをアピールしたり、口コミで評判を広めたりしていく必要があるのです。プロとなった後でも経済的に苦しくて副業を行っているという人も多くいるのです。

音楽業界で求人をサーチしたいと思ったら、まずはコンサートスタッフなどの非常勤から始めることです。或いは大きなライブハウスでワーキングしてノウハウを身に付け、プロの業界人と友達になるのも良い方法です。一般企業と違って新卒を育てるという考え方はなく、実力主義ですので、成果が見られないと次のオファーが入ってこないのは当然のことです。たとえ音楽が好きでも食べていくのは非常に難しい業界なのです。

About the author